愚民159

人はただ十二三より十五六さかり過ぐれば花に山風

スクール革命

今日録画したスク革を見ながら、妹に「私さーー100周くらい回った結果、最近知念くん(家族の前ではくん付けで呼ぶという最低限のラインは守っている)がマイブームなんだよねぇ」と真顔で言ったら、「は?何言ってんの?ここ数年ずっと一番のブームじゃん!!」とつっこまれた愚民ですが、皆さんお元気ですか?妹には全否定されましたが、私は先日のコンサート以降、知念様がマイブームです。今のぷくぷくに太った知念様、めっちゃかわいくないですか?昔、「太ってもかわいい?」というCMがあったけど、このCMは今こそ知念様がやるべきじゃないですか?もはや今の知念様は四代目ぷにゅ吉じゃないですか?知念様のゆるんだあごのラインには幸せが詰まっているような気がします。

今日のスクール革命ではそんなぷくぷく知念様が初めてのロケに出られました。ここのところサマリーもなかったし、ジャニワもなかったし、瞬太くんはかわいいばかりだったし、VS嵐での知念様のご活躍はイマイチどころかイマ百万くらいだったし、先日のコンサートはかっこよかったけれどそれ以上にぷくぷくしててかわいいなぁと思うことが多くて、ただひたすらぷっくりされた知念様を愛でるだけの日々だったのですが、今日の知念様はそんな平和ボケした愚民の横っ面を張り倒して下さいました。

ウェイクボードで知念様の圧倒的運動能力を見せつけ、エアロビで知念様のアイドル性とコミカルさを披露し、最後のビリヤードで知念様の天性の勘の良さと運の強さを叩きつける。短いながら無駄のない素晴らしいロケでした。

知念様を懐に入れて猫かわいがりするのも楽しいんですが、やっぱり私は知念様には圧倒的な高みにいてほしいんです。知念様が高みにい続けてくれることが、私の生きる指標なんです。知念様はとてもかわいくてかわいくてかわいらしい方ですが、やっぱり世界一かっこいい知念様が大好きです。

陰陽屋へようこそ

ラストに向けて瞬太くんもとい知念様のかわいらしさがとどまることを知らないんですが、大丈夫ですか?みんな生きてますか?私はかわいくて予告のナンノばりに泣いています。頬にバンドエイドを貼った学ランの瞬太くん、お茶くみをする瞬太くん、みちこ先生の若い時の写真を聖母のごとき柔らかな眼差しで見つめる瞬太くん、パンジーのにおいが好きな瞬太くん(パンジーって小学校低学年の時に育てたせいかショタの花という気がしませんか?え、しない?私だけ?)、柿をむく瞬太くん。柿むいてるのかわいかった。絶対あそこまで剥いたの知念様じゃないけど、それが透けて見えるのがまたかわいかった。
私は今までかわいい知念様はかっこいい!!と思っていたけれど、このドラマの知念様はかわいくてかわいい。人は年を重ねるごとにかわいくなっていくのはなぜだろう。
公式ツイッターによると撮影はあと3日とのこと。無事に終わるように祈ってます。

荒木飛呂彦先生と戸塚さん

今日はジョジョ第四部のスピンオフ、『岸辺露伴は動かない』を読みました。タイトルとはまったく違って、岸辺露伴が色んなところに行って、不思議な事件と対峙するお話です。漫画家は経験を重ねていくにつれて描く人物の顎が伸びていく通称エロイカ病に罹患する方が多いけど、荒木先生は丸くなっていくタイプですね。吉野朔美もそうだよね。後半の岸辺露伴はなんだかかわいらしかったし、人間的にも丸みをおびた気がする。
お話自体も面白かったけど、一話ごとにコメントが載っているのも面白くて、特に「スピンオフ絶対禁止と言われた結果、ドジャーン。スピンオフ作品ができちゃいました」とおっしゃってて笑った。荒木先生ってお話ぶりも物腰も柔らかくて優しげで、きっと礼儀正しい方なんだろうけど、すげーロック。「セックス!ドラッグ!ロックンロール!」というより「品行!方正!ロックンロール!」という感じ。背筋伸ばしてロックに生きてる。


ジョジョを読みながら先週の少クラも見ていて、戸塚さん作詞の「5Rings」の歌詞をはじめてじっくり読んだのだけれど、戸塚さんの歌詞ってすごい前向きで、常にジョジョばりの人間讃歌の精神が溢れていますよね。戸塚さんの生き方がロックであることを否定する人間はいないと思うけど、戸塚さんってどんなに病んでいても世の中を斜めではなくまっすぐ見ているし、常に人間を信じている気がする。ロックの精神的で坊主になったのに、徳の高そうな美僧になってしまうのが本当に戸塚さんらしい。戸塚さんも荒木先生同様、 常に背筋を伸ばした品行!方正!ロックンロール!な人なんだと思いました。
戸塚さん、絶対ジョジョ好きだと思うんだけど、読んだことあるんですかね?今度、エビコンに行く機会があれば「ジョジョ読んだ?」うちわを作っていこうっ……!!ドジャーン!!

それでも地球は回ってない

薄々感づかれていると思うのですが、最近の私には圧倒的に時間の余裕があります。会社には復帰したのですが、社員総出で定時帰りをさせてくれるので、侑侑自適(ジャニヲタがやりがちな当て字)な愚民的茶の間生活を送っております。なんとなく毎日更新が続いているので、会社が早く帰らせてくれる限りは何でもいいから書こうと思います。更新が途絶えたら「ああ愚民は社畜に戻ったのね」と思って下さい。


光とゆうとりんがゲストで出演したエイトの仕訳けを見ました。私の姪は初孫で、大人たちの愛情を4年間一人占めしてきたせいか世界の中心は自分だと思っていて、ちょっとでも気に食わないことがあると若干かわいこぶりっこしたむくれ顔で迫ってくるんですが(それで大抵みんな言うことを聞いてしまう。かわいいから)、太鼓がうまくいかなくて振り向いた時のゆうとりんの顔がまさにそういう時の姪の顔そっくりでした。ゆうとりんは20歳になった今でも心の奥底では自分が世界の中心だと信じているのかもしれません。まるで天動説を信じる中世の教会のような人ですね。
VS嵐」で「本番で成功しない自分が悪い」と自分を責めていた知念様との対比が興味深かったです。

VS嵐(プラスワンゲストにちねんゆうり)

普段は知念様のこと絶対王政下の君主のごとくお慕い申し上げている愚民な私ですが、ごくまれに知念様が可憐過ぎるあまり私の中の眠れる乙女・愚〜みんが発動し「侑李、どうかして?あなたらしくないわよ、侑李」と心の中で一方的なガールズトーク(ただしどちらもガールではない)を始めてしまうことがあります。かつて、このような事態に陥ったのは私が知念様にとてつもない切なさを感じた2010年春コンの時でしたが、今日3年の時を経て「知念侑李あんど愚〜みん」が復活しました。おお母なるナイルの流れよ、神はなぜようやく憧れの人と出会えた侑李にこのような仕打ちをするのであろうか……。大野くんの前でことごとく失敗する侑李は、愛するメンフィスと引き離されっぱなしのキャロルよりも過酷な運命を背負っているように見え、テレビの前で愚〜みんは涙を禁じえませんでした。そんな愚〜みんの涙の「VS嵐」レポです。

  • OP

やっぱり知念様が一番かわいい瞬間は大好きな人を見つめている時だと思います。大好きな嵐、そして大野くんと同じ番組に出られる喜びに溢れている知念様。緊張の色が見えますが、とてもかわいらしく楽しそうです。「衣装がへいせいじゃんぷっぽい」という二宮さんの言葉に笑ったのですが、相葉ちゃんの「NY」というシャツのロゴも「NYC」に所属している知念様意識の衣装なのでしょうか。「そのわりに肝心のCがないけど……」と若干不思議に思ったのですが、そもそも今日は本物のC(知念様)がいらっしゃるから文字のCなんていらないんですね!衣装に深い意味を感じつつ、和やかに番組は始まります。「いつまで憧れるの?」という大野くんの素朴な疑問もごもっとも。メールを交換する仲にまでなっているのに、ここまで当初の憧れを貫ける知念様はきっと心に超弩級の乙女を秘めていらっしゃるのでしょう。

  • キッキングスナイパー

知念様は超人的な運動神経を誇っています。しかし、知念様が得意なのは自分自身の体を使う分野なんです。何か道具を使う運動は全然駄目なんです。しかも、あまりパワーもない。そんな知念様があんな大きなボールをうまく扱えると思いますか、いや思うまい。結果は惨憺たる有様で大野くんにもなじられますが、若干悲しそうになりつつもまだ表情には余裕があります。むしろ大野くんになじられるというなかなか経験できないシチュエーションを楽しんですらいる気がしました。知念様って意外とMなんじゃないかと思うんですよね。普段、知念様に対してSに振る舞える人がいないから明るみに出ていないけれど。何もやっていないのに嬉しそうな知念様がとてもかわいらしく、あまりにも可憐だったため「よくやったわね、侑李!」と愚〜みんが少し顔を出しましたが、まだ知念様かっこいい〜と思う心の余裕がありました。

  • ローリングコインタワー

知念様ってぶきっちょさんだからこういうのもあまり得意ではないんですよね。ただ、知念様は尋常じゃなく運命の女神に愛されているため、いつもは運でどうにかなるんです。しかし、どうやら大野くんの存在は知念様の運気のATフィールドを弱めてしまうらしく、ここでも無残に失敗してしまいました。ここ数年、愚民は知念様ばかり見てきましたが、本当に自分が悪いと思って泣きそうになっている知念様なんて未だかつて一度も見たことがありません。フランス旅で自分のせいで寝過ごしまくって野宿をする羽目になりそうだった時ですらこんな顔をしませんでした。そんな知念様がこんなに申し訳なさそうな顔をするなんて……!嗚呼、そんな顔しないで侑李!まだまだ挽回のチャンスはあるはずだから!なんだかんだで「泣きそうです」とぶりっこする余裕があるから、まだ平気そうね。侑李は大野くんにはMだから「無いわ〜」と言われるのもちょっと悲しい半面嬉しかったんじゃないかしら?私も時々知念様に「このメス豚め!」って罵って欲しいなぁと思うもの。分かる分かるーー。侑李、次はファイトよ!すごくどうでもいいけど、愚〜みんは昔「郁恵・井森のお料理BAN!BAN!」という番組が大好きだったので、井森さんのことは結構好き(本当にどうでもいい)。

  • バンクボウリング

翔くんと息ぴったりの侑李がかわいいわ。まぁ、侑李の好きな嵐曲は「とまどいながら」とか「瞳の中のGalaxy」とか「できるだけ」とかサクラップのない曲ばかりだけど。ボウリングといえば前回のジャンパーティーでやっていたけれど、侑李はパワーがないからコントロールが良くてもピンがあまり倒れないのよね。やっぱり、勢いがあまりなくて弱々しく倒れるピンたち……。侑李は内向きにパワーが向かうタイプなのよ!こういうのよりSASUKEの方が向いているのよ!今すぐSASUKEをパクってSATOSHIを作って!!それなら絶対攻略できるから!!とはいえ、今までの中では上々の成果を上げていて、少しほっとしたんじゃないかしらね。嵐はそれぞれメンカラーのボールを使っていたみたいだけど、大野くんと同じ青いボールを使う侑李がさすがだわ。最近の侑李は自分のキャラクターを意識しているのか好きな色は「ピンク」と答えているけれど、事務所に入った当初はずっと「青」が好きと言ってたわよね。少なからず大野くんを意識していたんじゃないかと愚〜みん思ってる。ハタチの誕生日をお祝いされて、抱負を一文字で書けと言われた時に「大」という文字を選んだのも、少なからず大野くんを意識していたんじゃないかと愚〜みん思ってる。そんな私が侑李の大野くん関係で結構キテると思ったのが「智という字には知念の知が入っているので運命を感じます」という発言。次点は「好きな言葉は『愛と勇気と智』」よ。微妙に嵐の「愛と勇気とチェリーパイ」を掛けているのがポイントね。本当にcrazy for SATOSHI。もはや番組の感想になっていないので話を戻すけど、大野くんを見つめる侑李の瞳の中のGalaxyのきらめきっぷりがすさまじかったわね。こんなに公明正大に大野くんを見つめ続けることができる場を与えられて本当によかったわね。大野くんの隣りに座る侑李も楽しそうだったわ。でも知ってる侑李?思いがけない不幸は、幸せの後にこそやってくるということを……。

  • クリフクライム

「これ!知念様が持ち味を活かせるのはこれなのよ!!」とテレビの前で何百万人の愚民たちが叫んだことでしょう。私ももちろん思ったし、何より知念様自身がそう思っていたと思います。メキシコ人とプレイした空中ブランコの話をしている時の知念様は世界で一番輝いていました。まさか、2010年の夏に私を鬱のどん底に叩き落としたあの全身タイツ姿を放送されるとは思わなかったけど。空中ブランコが気になった方はこのDVDを見てみて下さい。

SUMMARY 2010 [DVD]

SUMMARY 2010 [DVD]

嵐の皆さんも知念様の運動神経の良さは知るところで、松本さんも見せ場をとっておいてくれました。嵐のメンバー全員が、いや全世界が、あの瞬間知念様を応援していました。サマリー2010では56回、サマリー2011では40回、ジャニーズワールドでは103回、知念様は空中ブランコを一度も失敗しませんでした。そんな運動神経と強い精神力を誇る知念様が大野くんという憧れの先輩の前でどんな活躍を見せてくれるのか誰しも期待したことでしょう。知念様自身も大野くんに良いところを見せて逆転を決める自分の姿を思い描いていたと思います。
なのに、なのにあまりにもあっけなさすぎる幕切れ……いつも運命の女神は知念様に出血大サービスをしている癖に、何故こういう時に笑ってくれないの?微笑むだけでもいいのよ?口角をちょっと上げるだけでもよかったのよ?なんでこんなところで豪快に一本背負いを決めてくるの?(泣)もともとリアルタイムは間に合わなかったので録画を見ていたのですが、あまりの辛さに再生を一時中断しました。


あんなにぼう然としている侑李の姿なんて見たことなかった……。ほら、侑李はいつだって強いでしょ?まるで防弾ガラスみたいに。でも防弾ガラスって割れる時は粉々に割れてしまうじゃない。だから、私は時々侑李の強さが怖かったの。一旦ひびが入ったら、そこから粉々に砕け散ってしまいそうで……。
あの時、侑李の中の何かが壊れてしまったに違いないわ。だから、すぐに立つことができなかったんだわ。割れた瞬間、実は私、不謹慎にも美しいと思ってしまったの。まるで宇宙で爆発した星が煌めくみたいに、粉々になったガラスの破片はキラキラと輝いて侑李を美しく見せていた。でも、星が砕け散った後に残るのは漆黒の闇と静寂だけ……。
あの後の侑李の目を見た?私、背筋がゾクッとしたのよ。だって、何もなかったんですもの……!!あれこそ虚無なのよ。永遠の闇、無限の孤独なのよ。「何もない」ということをあれほど強烈に感じるなんて、きっとあれの後にも先にもないと思うわ。無を感じるなんて皮肉なお話だけど。


30分ほど70年代の少女漫画的世界にトリップして、ようやく続きを見ることができるようになりました。しかし、魂が抜けてしまったかのような侑李の姿に私も茫然自失……やはりショー劇SHOCKだった……むしろShock is Real SHOCKだった……。屑キャラを貫いていた大野くんですら、ここでは詰る言葉を吐かなかった。やっぱり侑李は砕ける時は粉々になるタイプだったのね……。笑って〜笑って〜笑ってゆうり〜〜と歌ってあげたいくらい悲しげな姿にただただ涙……。

  • コロコロバイキング

どんな時でもにこにこ笑っていた侑李の顔から笑顔が消えてから、どれくらいの時が経ったことでしょう。大野くんの隣りだというのにあんな顔しているなんて……。でも、侑李の愛らしい容姿にはそういう儚げな風情も似合うのかもしれないわ。きっとジャンプのみんなもそんな侑李を愛してくれると思うの。むしろ今まで以上に蝶よ花よと接してくれるわ。でも、本当にそれでいいの侑李?あなたはそれで幸せなの?
そんな時、櫻井さんが自分は実はかなり群馬県人という至極どうでもいい話をし始めました。なんでそんな話をするんだと、なんとなく空気が弛緩したところで彼は言ったわ。「二人の関係の修復が一番だから」って。え、二人って大野くんと侑李?関係なんて修復する以前に築けてすらいなかったけど。でも、この言葉が大野くんに気付かせてくれたんだと思うわ、侑李を元に戻せるのは智だけだということを。大野くんの「あんまりやんなくていい。俺やる」という言葉に「分かりました」と答える侑李の瞳には少しだけ以前の輝きが戻ってきている気がしたわ。
大野くんのリードに身を任せて次々と成功し、徐々に輝きを取り戻していく侑李。嬉しそうにサムズアップをする姿は涙なしでは見られませんでした。よかった!ほんとによかった!!
そして、侑李は嬉々として話し始めたの。

やっぱ大野くんすごいです!
僕、ほんとに手を添えてたぐらいなんですよ!
もうほとんど大野くんがやってくれてたような、はい!

そんな侑李に大野くんは言ったわ。

ずっと憧れていろよ。

よ、よく分かんないけど、二人の関係性が修復された!!!!侑李の砕けたハートも修復された!!!!!何この超展開!!!!!!

色々ありましたけれども、なんだかんだ言って大野くん世界一です!

完全に輝きを取り戻した侑李はすっかり知念様に戻って、魔女の宅急便のキャッチコピーみたいなことを言いきって去って行きました。最初は一応嵐ファンと言っていたのに、最後は完全に大野くんしか見ていませんでした。


こうして2時間近くかけて「VS嵐」をなんとか見終えました。こんな感想をここまで読んで下さった方は良く分かったと思うのですが、自分の性格を見失うくらい見ていて動揺と衝撃の連続でした。そして、まるで超大作映画を観終わった後のような疲労感と達成感でいっぱいになりました。
「いつまで憧れるの?」から始まり「ずっと憧れていろよ」で終わった今日の「VS嵐」は『王家の紋章』ばりの超絶大河少女漫画だったような気すらします。すごく疲れたし、色々と衝撃的なこともあったけど知念様の大野愛と侑李のいじらしさが詰まった2時間でした(半分は瞑想タイム)。
きっとこの収録は大野くんの誕生日より前に行われたんだろうけど、これを見て知念様が今年の大野くんのお誕生日に「今年もかっこいい智くんでいてください」というメールを送った気持ちがものすごく分かった。本気も本気、大本気で知念様は大野くんがかっこいいと思ったんだろうし、今年もかっこいい大野くんでいてほしいと思ったんだろう。知念様の中で「大野くんかっこいい」という感情はものすごく大きな精神的支柱になっていると思うので、知念様がハタチになる節目にこういう番組で共演させていただけて、本当にありがたいと思いました。ありがとう、嵐。ありがとう、大野くん。これからも知念様のかっこいい大野くんでいてください。


それはそうと、『王家の紋章』の原作者の「細川智栄子あんど芙〜みん」の「あんど芙〜みん」って妹さんのことなんですね。細川智栄子先生が御年78歳ということにもびっくり。

FNSとキツネと陰陽屋

今日のFNS歌謡祭、「カモナマイハーウス!」て手をキツネの形にして「コンコン!」とさせた知念様が強烈かつ猛烈かつ激烈に素晴らしかった。知念様の男汁の噴射口は額の中央の生え際にあると思っているが、知念様の可憐さは常にほんのり上気して幼児めいている指先から出ているに違いない。そんな指先をちょんちょんと触れ合わせる動きの愛おしさよ。二十歳の知念様もかわいすぎて世界一かっこよかった。


キツネといえば、昨日の陰陽屋がすごくよかった。小さい頃からひみつのアッコちゃんみたいに「秘密がばれたらどうしよう」とハラハラする物語がとにかく苦手で、「それって吊り橋効果のごとくハラハラのドキドキをお話の魅力と履き違えてない?それって本当に楽しんでるとは言えなくない?」と思っていた。また、そういう物語は秘密が露呈した時に支払う代償が無駄に大きくて、そのアンバランスさも理不尽に思えて好きになれなかった(ただし「姫ちゃんのリボン」は秘密を共有する大地があまりにもかっこよく、姫ちゃんが代償に見合う対価を事前に得ているので問題ない)。
第9話では瞬太くんの正体が妖狐だということが祥明以外の色んな人にばれまくり、もしかしたらこのまま瞬太くんが妖怪だということで迫害されるようになって、自分の正体を否定したり隠したりするためにハラハラドキドキするという私の超苦手なパターンが来てしまうのかもしれないと思っていたのだが、なぜか秘密を知った人は「妖狐の瞬太くんを祥明が殺そうとしているかもしれないから、瞬太くんを守らないと!!」と思い込み、みんな瞬太くん親衛隊になっていくという思いがけない展開となった。原作は未読なのでこの展開が原作通りなのかドラマオリジナルなのかは知らないが、物語において「暴かれるもの」として描かれることの多い「秘密」が、あっさり暴かれた上に人と人をつなぐ機能を果たしていたことにいたく感動してしまった。まるで瞬太くんは『秘密の花園』に描かれる花園のようだ。素敵な花園を守るために、秘密を知っている者同士は心から繋がっていく。瞬太くんがとても良い子だから、瞬太くんの秘密はこんなにも優しい効果をもたらしたのだろう。


素敵な妖狐といえば南野秀一(@幽遊白書)だけど、もしかして南野秀一と同じ名字だから南野陽子さんが瞬太くんの母親役だったのでは!?と閃いてみたけれど、絶対違いますね。がんばる瞬太くんも知念様も素敵でした。

ネプリーグ

光お誕生日おめでとう!光のお誕生日もおめでたいけれど、知念様のネプリーグ出演もめでたいですね。
これは知念様に限らないんですが、ジャンプの子が単独ないし少人数で、ジャニ系じゃない番組にゲスト出演しているとまぶしすぎてびびります。メンバーの中にいると輝きは目立たないのに、ぽんと一人だけ外に置かれると初々しさと美しさで発光しているような錯覚に陥ります。ジャンプが箱庭育ちなせいか年長組ですら異常に初々しい。言い方は悪いけれど、まさに掃き溜めに鶴!といった風情なんですよね。

今日の知念様も初々しくおかわいらしく掃き溜めに鶴度1000%で、最初のコメントから緊張しているのが見てとれまくりで、「かわいそうだけどかわいい〜やっぱりかわいいの語源はかわいそうなのかしら〜〜」なんて思って見ていたんですが、突然リーダー(?)の原田さんが知念様の肩を抱いてゆさゆさゆさぶりながら励まして下さって、知念様もびっくりしつつものすごい笑っていて、少し緊張がほぐれた気がしました。それ以降も原田さんは知念様に対して積極的にスキンシップをはかってみたり、知念様が「お願い!GTOって書いて!」とかわいすぎるお願いをしていたことを教えてくれたりと、知念様に対してあまりにも慈しみと包容力に溢れた対応をして下さったので、見終わる頃には何故か「たいぞうかっこいい!たいぞうナイスガイ!たいぞうイケメン!」とたいぞうに夢中になっていました (呼び方も慣れ慣れしく変わった) 。知念様に笑顔を与えてくれて、たいぞうありがとう!たいぞうがいてくれてよかった!

私は頭の良い人が好きなので、こういうクイズ系番組では余裕で正解しまくって欲しいんですが、制限時間がある中で答えが思い浮かばず苦悩しているお顔をじっくりと見られるのもなかなかオツなものですね。新たな発見でした。でも知念様は悔しかったですよね。ごめんなさい。この顔が見られたのも元をたどればたいぞうのおかげなので、たいぞうありがとう!たいぞうがいてくれてよかった!

それにしても、知念様のファンデの色が濃すぎてお面をかぶってるようだったけど、ご自分メイクなんですかね。ドラマはさすがにメイクさんがいてほしいんだけど、そっちも濃いんだよなぁ。紅白出ないことは別に構わないけど、あのファンデの色がきちんと合っててばっちりアイメイクもしているメイクアップゆうりが見られないのは悲しい。それと、名前に知念様だけひらがなでふりがながふられていたのがなんか面白かった。読み違いようがないと思うんだけど。ひらがなで書いてもこんなにかわいらしいお名前なんですよ!というアピールですか?あと、モニターを見ているとき眉をしかめていることが多かったけど、近視気味なんでしょうか。単に見づらかっただけかもしれませんが。

あまり期待してなかったけど、思いのほか楽しかったです。ドラマでもバラエティでもいいから、またどこかでたいぞうと共演してくれないかな。今日はたいぞうのおかげで素敵な時間が過ごせました。たいぞうありがとう!たいぞうがいてくれてよかった!