愚民159

人はただ十二三より十五六さかり過ぐれば花に山風

在りし日の歌

ユーはただでさえ生きてるのか死んでるのか分からない上にたまの更新が℃-uteのことばっかりでもはやジャニーズファンだと思われていないどころかジャニーズに興味がないとすら思われているかもしれないからせめてコンサートや舞台に行ったのなら行ったという事実だけでも書いておいた方がいいよ

と、誰かに言われたので、何かに行ったら行ったという記録だけでも書こうと思ってはいるのですが、行ったということを書いたら、どう思ったのかを書きたくなってしまって、でもどう思ったかを書くと少なくとも2000文字くらい費やさないと最低限の言いたいことが言えなくて(なぜかというとこれはもう私の性質の問題なんだけど、例えば「7」の部分のことを言うために「1」から「10」まで全部書かないと気が済まないので長くなってしまうのである、ってこの注釈も充分長い)、でも私は長文体質の割りに長文を書くことがすごく苦痛で、書いている最中にもう書くのをやめたくてやめたくてしょうがなくなってしまって、でも同時に忘れっぽくもあるので、今書き留めておかないとさっきだなんて過去のこときっと忘れちゃうからこの場で即書き留めて!みたいな、そんな℃-uteみたいな切迫感に背中をぶりぶり押されてとりあえず書くわけだけど、書いたら書いたでしばらくしてからやっぱり自分の書いたことなんてすべて間違っているような気がしてきて寝ても覚めても仕事をしてももうそわそわしてしょうがない、キングオブ暇だった大学生の時はそのそわそわを打ち消すために更に書き、長文をミルフィーユのごとく重ねて重ねて最終的に何が言いたいのか自分でもわけの分からないバベルの塔、否、斜塔とでも言うべきアイドルに対する思い入れの闇鍋ができあがっていたわけですが、それってすげー疲れることで、未熟なオイラは仕事と日記の両立ができず、「翼プレミアム行ってきたぜ!」だけでも書けばいいだろうけど、私って結構GOLDな性格だから「All or Nothing!2000文字 or 0文字!」になっちまうんですよ、というわけで最近の情けない体たらくに至るわけです。今でもアイドルについて書きたいことはたくさんあって、例えば先日岡村靖幸ちゃんのライブに行ったんだけど、それを見て私は松竹座のサマスぺのことを強く思い出し、そのことについて書きたいなと思ったり、アイドルの「切なさ」とウェルテル病についてとか、実存主義とアイドルについてとか、色々書きたいことはあるんだよ!でもそんな気力がないんだよ!それはもうまったく!やっぱり仕事が私の人生を邪魔しているとしか思えない!もうやだ!ぷんぷん!バレーってもう始まってるの?もう知らないよ!