愚民159

人はただ十二三より十五六さかり過ぐれば花に山風

Mステ初登場

JUMPのMステ初登場は2007年10月26日、エイトが「イッツ・マイ・ソウル」で出演していた回なので、ついでにJUMPも結構丁寧に保存されていたんですが、「イッツ・マイ・ソウル」の後半からJUMPがバックでついていたことを今初めて知りました。保存している映像をろくに見ちゃいない証拠なのですが、ろくに見やしないのに保存せずにはいられないおたくの本能が今になって役に立つんだから、やっぱり今好きな子よりさらに若い子たちの映像は基本的には片っ端から残しておくべきだなぁと改めて思いました(一体いつまでジャニヲタでいるつもりなんだろう……)。
イッツマイソウルの振付って若い子がやると超かわいいですね。知念様(当時13歳)のほっぺにちゅーしまくる横山裕に、同じショタコンとして言いたい。ショタは実際に手を出したら、そこで試合終了なんだよ!!!!!!ゆうゆうみたいな人がいるからショタコンが白い目で見られるんだよ!実際のショタコンは手は出さず、ひっそりと愛で育てることに心血を注いでいて、実生活では吉良吉影のごとく静かに暮らしたいと願っている一般人なんだよ。「びっくりして、笑うことしかできませんでした」とのたまう知念様に対し、追い打ちをかけるようにちゅーするゆうゆう。ゆうゆうのちゅーの仕方はあごを掴むところがリアルできもい(笑)でも、ちゅーされた瞬間の知念様の驚き顔がすごくアイドルっぽくて、それからゆうゆうのキスの嵐に身を任せる知念様の笑顔がハイパーキュートだったので、正直ゆうゆうには感謝せざるを得ない。ゆうりかわいいよはぁはぁ(知念様のことを下の名前で呼ぶときもさ倍増だね!)。