愚民159

人はただ十二三より十五六さかり過ぐれば花に山風

「恐れるものなんてない」なんて言っている場合じゃない

ベスアーにて、有岡くん曰く「第二のデビューシングル!」な期待のジャンプ新曲「Ride With Me」が初披露されました。新曲をテレビで初めて聴くという出来事が新鮮すぎて感動したし、ダンスは超かっこいいし(特に最初の方で知念様が挙げていた手を下してくるところと、最後の方で知念様が華麗すぎるターンをするところ。あと全体的に知念様のダンスがうますぎて、もはや何をしているのか分からなすぎてかっこよすぎた)、今までにない路線だとは思うけど、好きかと言われたらそうでもないです。何回か聴いたけどまったく歌が思い出せなくて印象が薄い。

ジャニーズお抱えじゃない、いわゆるアーティストに曲を発注する時って、事務所が「こういうイメージで」って発注するんですかね?だとしたら、今のジャンプのことを全然分かっていない気がする。知念様が「大人の言うこと信じない」って歌っていたけれど、そもそも最年少の知念様ですらもう20歳だし!充分大人だし!キンキが18歳で「ハタチを過ぎてる大人は信じないさ!YEAH!」って歌ってるのを聴いた時ですら「あんたらあと2年でハタチだよ(笑)」って思っていたくらいなのに(でも「イノセントウォーズ」は名曲だと思う)、20歳の人にそんなニートのたわごとみたいなこと言わせない欲しい。

たぶん「Ride With Me」は「Beat Line」や「Bounce」の人気を見て満を持して用意した曲なんだろうけど、後者2曲が良かったのは挫折を歌っている曲だからなんですよね。いつも夢や希望を前向きに歌っていたジャンプが、這いつくばって生きている男の曲を歌い踊っていたからこそ衝撃的だった。

「Ride With Me」ってなんか中途半端に前向きで、全体的にニートのたわごとっぽいんですよね。もしこの曲を4年くらい前のジャンプが歌っていたら評価していたかもしれません。全員が二十歳を超えた最初のシングルで「大人の言うこと信じない」とか「恐れるものなんてない」なんて歌ってどうするの?ここまで生きてきて恐れるものがないなんて逆に不安すぎる。若い時は分からなかった「恐れるもの」がきっと今のジャンプにはたくさんあるはずで、そういうものを知ったからこそ出るようになった色気をもっと前面に押し出すべきだったんじゃないでしょうか。

「第二のデビューシングル!」なんて言うくらいなら、もっと今のジャンプにあてがきされているものを歌ってほしい。「喜び悲しみ受けれて生きる」と歌っていたデビューの頃の方がよっぽど大人だった気がします。


というのが初見の感想でした。ジャンプのパフォーマンスは素晴らしかったし、楽曲提供して下さった方にも感謝しかありません。ただ、プロデュースしている人間のセンスがまったく感じられない曲でした。